家族にも意識を共有してもらおう

  家族と共に暮らしているのであれば、無駄を無くしシンプルに整頓していくには家族の協力は不可欠です。

 いくら自分ひとりが頑張ってみても家族の意識がそこに向かっていなければ、無作法に乱されていくだけです。それでは余分なストレスをもらってしまいます。

 意図することを家族に話して理解を得られるようがんばってみてください。それをクリアして初めて行動に移すことができます。

 家族に協力してもらうようにします。それは個人の部屋の物はその当人に任すほうがよいからです。たとえ家族であっても、それぞれ一個人なのですから考え方においても感性にしてもそれぞれに違いがあるは当然だからです。自分のテリトリーを乱されることは動物の持つ本能として嫌う傾向にあります。家族でも許されない領域というのは誰しも持っているものです。特に子供部屋の物を親の判断で排除することは絶対にしないであげてください。そのことで子供たちは大きなストレスを受けることになるからです。一向に整理をする気配のない子供に対しては、子供が部屋で過ごす時間を見計らって一緒に整理していく方法があります。

 また同じように家族で共有して使用する物に関しても家族の意見を必ず聞いてから、処分整理するようにします。

 ひとり暮らしやふたり暮らし程度なら、物を整理することにそれほどの労力は必要ないものです。しかし、家族の人数が多かったり片づけの苦手な小さな子供がいる場合では条件が違ってきます。

 たいへんですが、やり遂げた後には必ず達成感で満たされるはずですから根気よく取り組んでみてください。

Comments are closed.