昔の家

近くに築200年を超えた古い住宅があります。

市の文化財として公開されることになり、見に行きました。

大分の土地ということを考慮しても広い敷地に大きな平屋の建物で驚くほど明るく美しい家でした。

外周りを一周してみると、基礎の部分に違和感をおぼえました。

石が置いてある上に柱が立っています。そして床下には空間が広がり、向こう側からの明かりが見えます。

基礎の立ち上がりどころか、基礎すらありません。

昔の家はそうやって塚石の上に柱を立てていたようです。

地震が起こったら石から柱が滑り落ちて倒壊するのではないかと思ったりします。

実際にはどうなのでしょう?おそらく関東大震災の時にはそれで家が倒壊した人が少なくなかったと思います。

でも、建物の重量がしっかりと柱と石をつなぎとめて滑らないようにも考えられているのだと思います。すごい知恵です。

そして昔の家は土と木と草と石とで作られているとよく言います。

土は土間などに見られるように地面に敷いて利用したり、壁の中身がそうだったりします。

竹を組み、土を塗り、その上から漆喰を塗るのが昔良くあった壁の構造です。

そして、建物の本体のほとんどは木でできています。

窓など昔はなく、すべてが障子や襖や木戸でした。

そして床はたたみ。これが草です。屋根はかわらか茅葺か、となるとやはり草や土になりますね。

一つ一つを見てみるとみんな天然素材です。

昔の家は何もしなくても健康住宅だったことがわかります。

現在の家はサッシ一つをとっても気密性が高く、立派な家ですが逆に化学物質の存在で健康な住まいとは言えなくなってきています。

どこからどうなってあんなに化学物質ばかりを使った家造りに変わってしまったのでしょうか。

友人が大分でリフォームしたときに健康を意識した住宅にしていました。

現代で起こる様々な問題は少しだけでも昔に戻ると解決できることが多いように思うのは私だけでしょうか??

Comments are closed.