シロアリを防ぐには

シロアリは建物にとって天敵ともいえる害虫です。

人に優しい家は虫にも優しいので防虫剤など使わない分害虫も発生する確率は高くなります。

しかし、シロアリに食べられると建物のダメージが大きく、後々大変なことになりかねないのでシロアリの進入だけは防ぎたいところです。

以前、家の基礎といえば布基礎と言って建物が乗る立ち上がりの部分だけがあり、床下は土などの地面が見えていました。

この基礎は地面からの湿気が上がってきて床下部分の柱や垂木などがシロアリの被害に遭ったりすることが多くありました。

最近の基礎はベタ基礎が多く、これは地面に防湿シートを貼った上でコンクリートを流します、こうすることで床下からの湿気を防ぎ、シロアリの発生も防げます。

そして、床下の換気をするために基礎パッキンというものを基礎と土台の間に挟みます。これは樹脂のものなのですが通気をさせることができて、床下に湿気をためません。

そうすることによってシロアリも発生しにくくなります。

建材を販売している友人から聞いたのですが100年位前の家は塚石という石を置いてその上に柱を立てていました。

今のように金物でとめたりはしていません。

床下はこちらからあちらまで見渡せるようなつくりでした。

そのため、通気が良く、害虫の発生は少なかったのでしょう。

しかし、直下型の地震が来たときには、そのまま柱がずれて塚石から落ちて傾いてしまう可能性はあったと思いますが。

シロアリは湿気を好むのでまずは風通しを良くして乾燥させることが一番効くのではないかと思います。

Comments are closed.