家の寿命

今、日本の家は30年もすると建替えの時期がきます。

柱や小屋組みなどの構造躯体は100年持つといわれている木造住宅も、ともすると25年くらいたってしまうと建替えの希望が出てきます。

今、住宅ローンを組む人のほとんどが35年ローンで考えていますが、30年しかもたない家を建てたら、ローンの支払いが終わる前にまた新築をしなければならなくなってしまいます。

構造躯体は100年もっても30年で建替えようという話になってしまうのはどうしてでしょうか?

それは接着剤の寿命が関係しています。合成接着剤で固められた建材に使われているこの接着剤はおおよそ20年から25年で寿命が尽きてばらばらとはがれ始めてしまうからです。

そうなるとリフォームで床やクロスの貼り替えを検討する人もいれば新築に建替えるという人も出てきます。

こうして不要になった建材は処分されますが、ゴミを増やしていることにもなると気付かない人は多いのです。

スクラップ&ビルド。

壊しては造るの繰り返しを日本人は続けています。

今になって二酸化炭素の削減なんて言われても、根本を正していかないと減らせるわけがありません。

昨年から始まった「長期優良住宅制度」は<よいものを造って長く大切に使う>をコンセプトに100年もつ住宅を建築するように呼びかけ、様々な優遇をしています。

税金面の優遇や金利の優遇がある住宅ローンもあります。

管理記録を残したりと面倒な点もありますが、いいことだと思います。

また不動産物件で中古住宅や中古マンションを探す場合、築年数が経っている物件は売買金額が安くなっていることが多いですが、

躯体や構造がしっかりした状態なのか見極める必要があります。

今まで消費に慣れてきた日本人がどこまでこの制度に乗って本当に100年、建てた住宅を維持していくのか、100年後に生きていないのが残念です。

Comments are closed.