ママの居場所

家事や育児、それに加えて外で仕事を抱えているママ達は大勢います。
毎日慌ただしく過ごすママ達がマイホームでホッと安らげて、くつろげる自分だけの居場所があると嬉しいものです。
我が家にも私の居場所となるママスペースをキッチン横に設けました。
主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごします。
このキッチンからより近い場所にママスペースを設けることで、家事の合間のちょっとした時間でも無駄にすることなく有効活用させることができるのです。
キッチンでお野菜やお肉を煮込んでいるわずかな時間でも、ママスペースでパソコンを開いてレシピを確認したり、コーヒーを飲みながら休憩したりすることができます。
また、妊娠時や足腰が弱ってくるとキッチンでの長時間の立ち仕事は体に大きな負担となってしまいます。
そこで、キッチン横に休憩できるスペースがあると、身体を休めながら無理なく家事を行える安心感があります。
ママの憩いの場として活躍してくれることはもちろんですが、デスクワークを行うにも最適です。
ママ達の仕事は立って行うことばかりではなく、家計簿をつけたり、裁縫をしたり、スケジュール管理や宿題のチェックなどデスクワークすることも多いのです。
これらの作業を誰にも邪魔されることなく集中して行うことができます。
作業しやすいカウンターを設け、ここで使用する書類やパソコン関連用品、裁縫道具などしっかりと整理できるように収納スペースを設けておきます。
ここで作業しない時はカウンター上をスッキリと片付けておき、生活感を与えないようにしておくことも大事です。
ママの時間を大切にしながらリビングで過ごす子ども達の様子も確認できますし、顔を合わせてコミュニケーションをとれるのも嬉しい点です。

Comments are closed.