ハウスメーカーVS工務店

家造りを進める上で、まず依頼する業者を選ばなければいけません。そこでハウスメーカーと工務店、それぞれの特徴を知ることから始めてみるといいと思います。ハウスメーカーは、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。そのため社会的信用度は高いです。それに比べ工務店は、会社規模が小さいため不安視されることも多いのです。

分かりやすさという点では、ハウスメーカーはさまざまな工夫を凝らした情報発信を広告宣伝のプロが手がけているので我々はあらゆる方法で細やかな情報を手に入れることができます。工務店のほとんどが手づくりのホームページやブログであり、説明不足さゆえにどのような家ができあがるかというイメージがしにくいのです。

設計の自由度は、ハウスメーカーは工場生産でできあがった部品が基準となるため、寸法などの変更がしにくく自社商品のみしか売ってくれないこともあります。工務店は建築主の要望に丁寧に耳を傾けてくれるため一品生産の希望やこだわりが叶いやすくなるのです。素材や工法など独自のこだわりを持つ会社が多いため、価値観が共有できるかというのが一つのポイントにもなります。そのため個性が出やすいのです。

ハウスメーカーによっては一目見ただけでどこのハウスメーカーのものなのかが分かるものも多いため個性が出にくいのです。金額においては、ハウスメーカーは広告宣伝費やモデルハウス維持管理費など、様々な経費が建築費に上乗せされてしまうので価格が高めになってしまいます。これらのかからない工務店は、同じ仕様の家ならばハウスメーカーよりも安くつくることができるのです。まずは特徴を知り、自分達に合った一社を選び出せるようにしましょう。

Comments are closed.