小屋裏収納

屋根下に生まれるデッドスペースを利用して大型の収納庫を設けて、収納不足の解消に繋げてみるのはいかがでしょうか。もっと収納スペースがあればよかったのに…、収納スペースが欲しいけど居住スペースが狭くなってしまうのはイヤだ!とこのように住宅への希望を抱いている人も多いです。

この希望を実現させるためにこの屋根下を上手に活用させるのです。2階の1/2未満のスペースであることと、天井高1.4m以下であれば床面積に含まれずに2階建て住宅として設計できるため、最近では多くの家庭でこの屋根下のデッドスペースを利用して小屋裏収納が設けられています。

普段よく使用する物を収納するのではなく、季節もののアイテム、ワンシーズンだけ使用する物など収納しておくのに最適です。雛人形や兜、鯉のぼり、扇風機にファンヒーターなどの電化製品なども整理します。また、アルバムや賞状、学校で作った製作品、トロフィーなど捨てられない思い出の品の収納場所も意外と頭を悩ませてしまうだけにこのような収納スペースがあると助かるものです。

趣味の多い人は、趣味道具の収納場所に困ることもあるでしょう。屋根下を大いに活用させたいものです。このような収納スペースを確保すると同時にここへの行き来の手段も併せて計画しましょう。今まではハシゴで行き来することが多かったですが、これでは物の出し入れを一人で行いづらかったり、急勾配なので安全性にも欠けます。固定階段を設けて、物の出し入れのしやすさ、行き来の際の安全性の確保を行いより利用しやすい収納スペースとしておくといいと思います。

Comments are closed.