1坪洗面室

洗面室の広さは1坪が一般的と言われていました。しかし、最近では洗面室がユーティリティとしても利用させる家庭が増え、1坪以上の広さに余裕のある空間が設けられるようになってきています。

我が家の洗面室は1坪という限られた広さです。しかし無駄なスペースを生まず、空間を最大限に利用することで1坪でも十分であると実感していますし、利用しやすい空間となっています。まず、扉を引き戸にしました。引き戸にすることで扉の開閉時にデッドスペースを生まず空間を最大限に利用しやすくなります。

そして、通常洗濯機の上部辺りに設けられる窓を天井近くの高い位置に設けました。そうすることで壁面を確保できますし、窓を物でふさぐこともないのでしっかりと採光・採風可能となるのです。高い位置に設けてある窓なのでチェーンで開閉できるようにしました。

洗濯機と洗面化粧台を隣接して設置することで30㎝ほどの隙間が生まれてしまいます。わずかな隙間と軽視せず、洗面台と同じ高さと奥行の隙間収納を設けました。これが意外と収納力があるのです。タオル類やお化粧道具、ヘアアイロンや洗濯関連用品などしっかりと収納できるのです。

そして、洗濯機の上部には可動オープン棚を設けて、家族の下着やパジャマを収納するスペースを確保することができています。洗面室内で必要な物をきちんと収納することができていますし、収納スペースにおいても高さや奥行を合わせることで空間の見た目のスッキリとしています。下着やパジャマは引き出し収納取り入れ、アイテムを揃えることで統一感を高められるのです。入浴時には脱衣所としても利用するので着替えやタオル置きとなるカウンター開閉式にしました。使わない時は壁にスッキリと収められるため圧迫感を与えません。1坪でも工夫次第で利用しやすい空間が広がるのです。

Comments are closed.