寝室に書斎スペース

私の主人が住宅に希望したことの一つが、書斎スペースが欲しいということでした。理想は独立型の書斎室が良かったのですが、スペース的に余裕がなく、寝室の一角に書斎スペースを設けたのです。個人の時間を十分大切にできながらも、夫婦の気配やまだ小さい子どもの寝顔を見れるように家族との繋がりも大事にできるように、腰壁で空間を区切ったのです。

天井まで壁を設けるよりもそれぞれの空間に狭さや圧迫感を与えることなく、互いの気配を身近に感じられるので安心感も高まるのです。ここで、持ち帰りの仕事を行うこともありますし、趣味の漫画を読んだり、パソコンをしたりと寝る前の時間を有意義に利用しています。

主人が使用しない時は私が使用することもあります。お肌のナイトケアをしたり、ネットショッピングを楽しんだりと、なかなか一人の時間を得られない私も個人の時間を満喫できています。私にとっては、まだ小さい子どもの様子にもしっかりと目が行き届くことができながらも、自分の時間を大切にできる書斎スペースを大変気に入っています。今までは寝る直前まで一階のリビングで過ごすことが多かったですが、新居の寝室に書斎スペースを設けたことで寝室で過ごす時間が長くなりました。

まるでセカンドリビングのような空間が広がり、一階のリビングとは違う家族の時間が流れて楽しみ方の幅も広がっています。寝室を出ると二階のホールはキッズスペースとして、子ども達のおもちゃや絵本が並べられています。大人も子どもも二階で過ごす時間においても充実しているのです。

Comments are closed.