ウォークスルー収納

住宅の不満の常に上位を占めるのが収納の問題です。家造りをするほとんどの人が収納に充実した家造りをするのではないでしょうか。我が家の新居も最近完成しました。やはりこの住宅には収納に力を入れました。収納を設ける場合には、必要な場所に必要な物がきちんと管理されていることが大事です。違う場所にしまうことで、物の片付けがスムーズに行われず、物が散らかる原因にもなります。適材適所に十分な収納スペースを確保しておきましょう。

そしてその収納している物の出し入れのしやすさというのも大事なことです。物はきちんと収められているが、いざ使おうと思った時に物が把握しにくく、出し入れがしづらいのでは意味がありません。出し入れのしやすさも確保しましょう。それに加えて動線に沿った収納であるとより便利さを増します。そこで我が家が取り入れたのがウォークスルー収納です。

我が家の一階には家族の衣類を一か所で管理するファミリークローゼットを設けています。このファミリークローゼットは玄関と洗面室を繋ぐ形で設けられているのです。帰宅して洗面室まで行く動線上にファミリークローゼットがあることで、着ている上着をクローゼットにしまい、部屋着を取り出しその場で着替えます。着ていた洗濯物はその先の洗面室にある洗濯機に入れるのです。そのまま手洗いをすれば後はゆっくりリビングでくつろぐのみです。洗面室は身支度を行う場所です。洗面室の隣にファミリークローゼットがあるとトータルコーディネートしやすくもなります。動線に沿って収納スペースを設けると住宅内の無駄な動きが省けて便利さも増すのです。

Comments are closed.