終の棲家

還暦を迎えた私の両親は、終の棲家として平屋住宅を検討しています。二階への行き来は身体に負担を与えますし、使わなくなった子ども部屋がそのままになっている現状です。平屋住宅を求める人は最近増えているとも耳にします。しかし希望の間取りの住宅を完成させるにはある程度の広さが必要になってきますし、近隣住宅が密集している場所であれば日照や風通しも気になります。

しかし魅力がたくさんあるのも事実です。何と言っても安全性の高い家を実現できるのです。住宅内の移動に階段を必要としないので、転倒や落下の事故の心配がありません。二階建て住宅では階段での転倒や落下事故は多いだけに、階段のない平屋住宅は安全性の高い家と言えるのです。

また階段があることで階段の下にデッドスペースが生まれます。階段のない平屋住宅は、デッドスペースが生まれず空間を有効利用できる家となるのです。家造りでデッドスペースをどのように利用させるかは一つのポイントでもあるだけに、デッドスペースを生まず空間を利用しやすい平屋住宅は無駄なスペースのない家とも言えるのです。

住宅内の動線をコンパクトに行えるのも大きな魅力です。生活動線にしても家事動線にしてもスムーズで動きがコンパクトである方が暮らしやすさに繋がります。また家族がそれぞれの空間で過ごしていても互いの存在を身近に感じ、孤立感もありません。小さな子どもの様子もわかりやすいので安心です。家族が自然とリビングで集まれる家となるのです。一つ気をつけておきたいのが防犯性です。夏場は窓を開けて寝ることは危険です。防犯対策をしっかり行い平屋住宅の魅力を感じられる終の棲家はまさに理想的なのかもしれません。

Comments are closed.