家造りで大切なこと

家造りを進めるにはまず決めなくてはいけないのが、依頼する業者を選ぶことです。この業者選びことが重要なのです。我が家の夢のマイホームもついに完成して新たな生活が始まっています。家造りを振り返ってみると、この業者選びに時間がかかりなかなか話が進みませんでした。しかしこの業者選びにじっくりと時間をかけて良かったなと思っています。自分達が憧れる家を実現できるか、予算内で希望する家が完成するかはこの業者にかかっているのです。

業者選びを行うのと同時にどのような住宅を理想とするのかをより鮮明にしておくことも大事です。最初は住宅へのイメージも湧かずただ漠然と建ち並ぶモデルハウスを見学していました。A社へ行き住宅を見学し、営業マンから話を聞けばA社が一番いいと感じ、B社へ行き住宅を見学して、話を聞くとやっぱりB社が一番いいなと感じ、C社へ行けばC社が一番だと感じてしまいました。でもその中でどのような家がいいのかというのがより鮮明にイメージできるようになり、住宅への知識も高められることができたのです。

大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社を選び出すというのは容易なことではありません。それぞれの特徴をとらえどちらが自分達には合っているかを決めるだけでも、業者選びが格段にしやすくなります。我が家は地元の工務店に依頼しました。その理由は、建築主の希望や要望を一番に聞いてくれ、我々に合わせた家造りを進めてくれるからです。大量生産とは違い一品生産の家造りができることでオンリーワン住宅を完成できるのです。そして住宅のことだけでなく、住宅ローンなどの金銭面においてもアドバイスをしてくれました。信頼関係をしっかり築けたことで安心して家造りを進められました。業者選びはしっかりと考え納得した上で依頼しなければ後悔の多い家になってしまうのです。

Comments are closed.