家事ルーム

主婦が憧れる空間と言われている家事ルーム。この家事ルームは、洗濯物を干す、たたむ、しまうという一連の家事が行える空間です。一か所で一連の作業が行えることで家事効率が高まるので、家事の時短にも繋がります。家事の時短が実現できれば自分の趣味の時間にあてることもできますし、子どもと触れ合う時間を増やせるようにもなるのです。主婦が憧れる理由も納得できます。

この家事ルームを設ける位置は、洗面室とキッチンを繋ぐ形で配置するといいのです。家事を行う上でキッチンと洗面室というのは非常に重要です。この重要な二つの空間を繋ぐ形で家事ルームを設けることで、家事のしやすさがより高まるのです。洗濯物を干すスペースは今では屋外だけではダメなのです。室内用の洗濯物干し場もしっかり設けておきましょう。隣の洗面室で洗濯をし、ほとんど移動することなく室内用の洗濯物干し場に洗濯物が干せます。ここに干した洗濯物をたたみやすいように、ここにはカウンターを設けておきます。洗濯物をたたむだけでなく、アイロンがけや裁縫をする時にも便利なカウンターとなるのです。電化製品を使用することを考えコンセントを設置するのを忘れないようにしておきましょう。

そしてたたんだ洗濯物を移動することなくしまうスペースを設けるのです。家族の衣類を一か所で管理できれば主婦の仕事を格段に楽にしてくれるのです。各クローゼットにそれぞれの衣類をしまうのは面倒ですし、住宅内を行ったり来たりと無駄な動きも多くなってしまうのです。ここに一か所で管理すれば無駄な動きを省けるのです。家事ルームを設けて家事を楽しみながら行えるようにしましょう。

Comments are closed.