コミュニケーションを大切にできる家

家族関係を良好に保つにはコミュニケーションを取りやすい環境に整えておくことが第一です。そこでまず取り入れたのがリビング階段です。リビング階段であれば、必ず家族のいるリビングを通らなければ二階の自分の部屋へ行くことができません。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と増え、自然とコミュニケーションも取りやすくなります。

子どもが思春期頃になった時、いつ帰宅して、いつ外出していったのか分からないという状況を作りださないためにもこのリビング階段は有効です。家族関係の悪化は子どもの犯罪率にも影響してきます。コミュニケーションを取り、家族関係を良好に保つにはリビング階段は最適です。リビング階段にすることで子どもの犯罪率を下げているというデータが出ていると言います。

リビング階段に併せて、リビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けにすることで家族の集まるリビングにより広さと明るさをプラスしてくれます。家族団らんの場は最高に居心地のいい空間になるのはもちろんのこと、一階と二階をこの吹き抜けが繋いでくれるのです。

吹き抜けに面して二階にはファミリースペースを設けました。このファミリースペースで兄弟姉妹が遊ぶことも、共に勉強することもできます。家族がそれぞれ別々の空間で過ごしていても、吹き抜けを通して互いの存在を身近に感じ、吹き抜けを通して声をかければ会話がしやすくもなります。家族の気配を感じられることで安心感も高まります。子どもが成長した時も、家族との時間を大切にできるような家にしたいですね。

Comments are closed.