シューズクローク

玄関の横にシューズクロークを設けるのが今ではスタンダードになっています。
玄関に靴箱を設けるよりも、玄関横にシューズクロークを設ける方が玄関スペースをスッキリさせることができます。
玄関は住宅の顔とも言われる部分です。
住宅への第一印象を決める場所でもあるだけに玄関はスッキリときれいさを保ちたいものです。

我が家の新築住宅にも玄関横にシューズクロークを設けるようにしています。
靴を大容量に収納しておけるのはもちろんのこと、着ていた上着を掛けておけるスペースを確保したり、室内にはしまえないベビーカーや三輪車などの大きさのある物までスッキリとしまえるシューズクロークにしようと思っています。

まず着ていた上着を掛けられるスペースを確保することでリビングに物が散らかるのを防ぎます。シューズクロークに着ていた上着をかけられれば、リビングのソファの上に上着が置きっぱなしになることはなくなるでしょう。
また靴を脱ぎ、上着を掛けられればそのまま洗面室へ行き手洗いもできます。スムーズな動線が得られるのです。また外で使用する大きさのある物までもシューズクローク内に収納することで玄関部分やポーチ部分に物が散らからずスッキリします。

現在はベビーカーは玄関部分に、三輪車は玄関ポーチ部分に置いています。
出入りする度に邪魔だなと感じています。それらをきちんとシューズクローク内にしまうことで玄関をスッキリと行き来しやすくできるのです。
その他旦那さんの趣味のゴルフ用品や洗車用品、今時期は灯油などを置いておける場所としても重宝することでしょう。玄関横に設けるシューズクロークは収納力のある方が断然いいのです。

Comments are closed.