家事のしやすい洗面室

住宅の中で女性が重視するのは水周りスペースです。
キッチンは女の城と言われるほど女性は重要視している空間だと思います。
最近ではそれに匹敵するくらい重要な空間だと考えているのは洗面室です。
従来は洗面室の広さは1坪が主流でした。

しかし最近では1.5坪ほどと広くなっています。広さのある洗面室にすることで、ここに室内用の洗濯物干し場を設けたり、洗濯物をたたんだりアイロンがけの際に重宝するカウンターを設けたり、収納スペースを充実させることができます。

我が家もこのように家事を一か所で効率よく行える洗面室にしたいと考えています。
洗面室で洗濯をして、移動することなくその場に干して、そしてたたむという一連の作業ができれば家事の効率も高まります。
家事の効率が高まることで家事の時短が実現でき、主婦は自分の時間を持つことができるようになるのです。

室内用の洗濯物干し場は必ず設けておきたいものの一つです。
天井に吊り下げ金具を取り付けておけば邪魔にもなりません。
カウンターがあればたたんだ洗濯物の一時置き場としても活用できますし、ちょっと裁縫するにも最適です。

洗面室は入浴の前後でも活用する場所です。
ここに下着や部屋着を収納しておけば便利さを感じると思います。
帰宅して手洗いをしてそのままそこで部屋着に着替えられれば後はリビングでゆっくりできます。洗濯物はそのまま洗濯機へ入れればいいのです。
入浴後も下着をクローゼットから準備しておく手間もかかりません。
洗面室の充実は家事を行う主婦にとっては大変重要な空間です。
キッチンと同様にきちんと考えておきたいものです。

Comments are closed.